--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強烈な金縛り 加害者は技術で従わせることができると本当に思っているのか

2011.09.16 *Fri
2011年9月15日 23時59分前後

睡眠時間はとりあえず1時間もないでしょう、数十分か数分でしょう

寝る前に強くアダルトな事を考えさせる

自分は今、先端技術を使った犯罪にあっており
バイトをしようと考えていて、お金に困っていて、アダルトとは無縁のサイト作りを考えていて
家賃をなんとか稼ごうと、欲しいものを買おうとしている

そんな時に上記の余裕な思考があるわけがない

今回はすぐに寝ることができたが、攻撃がなかったわけじゃない

寝たかと思ったらいきなり金縛り&強い歯痛
この時に激痛をやられるんじゃないか、と思う程恐怖、不安など
激痛はやはりなかったが1歩手前の様な感覚
それでも4回以上は金縛り状態→歯痛→意識失わせるを繰り返してきた

起きたかと思ったらやはりかなり頭がぼーっとしている

記録をしていると攻撃がきて自分は

「この技術で人間を完全に自分の好きに従わせることができると思っているな」と思った

ので認知活動開始

本当に加害者は技術の虜になってしまっている
全く情はないが、情けの余地はないが本当に酷い状況だ

今は技術を普通に使えるかもしれないがそれは今までのことだと思う

今はでは政府にばれるまでになっている

この技術が生まれたからこうゆう人が誕生してしまった
やっぱり時間が経つと人間は機械に頼りっきりになってしまうようだ
ここまで思わされた

この後に新聞外車に連絡
10社以上、政府への連絡、ブログ更新、これが自分の認知活動
CATEGORY : 被害記録 | THEME : 伝えたいこと | GENRE : ブログ

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 最先端技術悪用記録 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。